スキンケアの正攻法|あなたの方法大丈夫?

毎日の手入れで見違える肌に変身

毎日行っているスキンケア。ところが、人と比べるわけではないので、自己流で間違ったケアをしていても気づかない人が多いのです。

 

たとえば、カを入れすぎてゴシゴシ顔を洗っているとか、「もったいないから化粧品の使用量は少しだけ」というものが代表例。
そして、自分の肌に合うアイテムが選べているか、正しいやり方でケアできているかが、きちんと理解できている人も少ないのではないでしょうか。

 

毎日行うことだからこそ、正しい方法を知らずに間違ったケアを続けていたら、せっかくの努力も効果半減です。
まずは、自分のやり方をおさらいし正しい知識を身につけましょう!

 

一週間以下で肌変化が実感できる

化粧品の効果をなかかなか実感できない人も多いのではないでしょうか。でも、正しく使えていなかったり、肌が健康でなかったりすると、効果は実感できません。
そもそも化粧品には、3つの効果が出るようにつくられています。

  • 一つは、肌が引き締まるとか、肌が明るくなると言った、使った直後に実感できる効果です。
  • 二つ目が、1週間から1カ月使い続け、ハリが出るとかシミが目立たなくなるという継続使用の効果。
  • そして、三つ目が、心理的な効果です。

もし、あなたが「本当に効くのかな?」と疑心暗鬼になって使っていると、化粧品の効果が損ななわれてしまうことに。

 

これは、交感神経系などが微妙に影響しているからなのです。
また、化粧品メーカーは、使い続けて効果を実感してもらいたいので、1週間で何かしらの結果が出るような成分を選び、配合しているものです。
なぜかというと、肌は1週間で角質の約半分が入れ替わるから。「なんだか調子がいい」とか「ファンデーションのノリがよくなった」などが、最初の一週間で現れる変化の代表例。

 

最初に手ごたえが感じられると、楽しくケアができるようになり続けられます。
この好循環が、すこやかな美肌を育む秘訣なのです。

 

肌あれをしている場合は、それが治ってからがスタート。そこからー週間で肌の変化を感じとってみてください。

 

クレンジングは馬鹿にならない!

どうしてクレンジングをしなければならないの?なんて、考えたことありますか?
ただやみくもに使っていては、素肌をすこやかに保つことはできません。この機会に、クレンジングの意味を考えてみましょう。

 

クレンジングで落とすものは、油性のメイクアップ料です。そのため、メイクをしている日はクレンジングの必要があります。
では、そのクレンジング料は何でできているのかと言うと、油分と界面活性剤プラスアルファです。
油性のメイクアップ料を肌から浮き上がらせて落とすには、油分がどうしても必要です。

 

さらに、洗い流す際の水と油分をなじませる橋渡し役として界面活性剤が配合されています。
これらの油分と界面活性剤、水の配合量などが変わると、オイルタイプやクリームタイプなどの形状に分けられるしくみになっているのです。

 

クレンジング料の選び方

クレンジングは、その形状によって刺激の強さが変わってきます。また、落ち具合なども形状ごとに特徴があります。

 

では、何を基準に選べばいいのかというと、自分のメイクの濃さに合わせて使い分けるのがおすすめです。

 

メイクオフ力が強い方から順に、オイルタイプ、クリームタイプ、ジエルタイプ、ミルクタイプ、となります。
ふだんのメイクが濃ければ、メイクオフ力も高くないと落ちにくく、また休日の薄いメイクなら弱めでも充分落ちます。ただし、メイクオフカの強いものは当然肌の負担になります。

 

たとえば、油分の多いオイルタイプは、「マスカラもスルリと落ちる」「すすぎがスピーデイー」などの理由で人気ですが、界面活性剤が多く配合されているため、肌への負担が大きい傾向にあります。
油分を多量に含んでいるのに、水を加えた瞬間、白く乳化して一気に落とすことができるのは、界面活性剤を多く配合しているからなのです。

 

また、ミルクタイプも最近、肌にやさしいと人気のようですが、水分が多いため、メイクとなじむまでに時間がかかりやすく、肌をこすってしまいがちなので注意が必要です。
デイリーに使うなら、油分も水分も多すぎず、バランスのよいクリームタイプがおすすめです。
なかでも、適度に固めのテクスチャーのものを選びましょう。

 

ムダ毛処理後は乾燥に注意

多くの方がカミソリなどを使用したり専用の脱毛器などで自宅で処理されていると思います。しかし、脱毛でもっとも重要なのは処理した後です。

 

脱毛したあとは、どのような方法を使用しても肌が荒れています。
このケアを正しく行わないと、あとで取り返しがつかなくなります。
重要なのは肌への保湿です。

 

エステにいった経験がある方は、施術後に専用ジェルなどで入念に保湿ケアされたことがあると思います。
保湿に関しては、やり過ぎなくらいでも構いません。
また、どうしても自宅でムダ毛を処理するのが面倒だったり保湿が十分できないことであればエステやクリニックで脱毛された方が肌にとっては一番ベストです。

 

アレルギー体質な方や敏感肌の方は、医療機関での脱毛がオススメです。
専門家による適切なアドバイスも聞けますし、日々のケアの仕方なども教えてもらえます!
クリニックだと少し高いと感じつかも知れませんが、美肌への授業料と思って行ってしまえば安いものです。

 

その他にクリニックでの脱毛は多くのメリットがあります。

 

参考サイト:ココが凄い脱毛クリニック